04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

川遊びも好き

2012/05/31
2012 5 30 003

ルナは水遊びが大好きなことがわかったので、
秋川にやって来ました。
大丈夫?という心配をよそに、臆せずどんどん川に入っていきます。

この後、鳥を追いかけて広い河原を走り回り、
それはそれは幸せそうでした。


2012 5 30 004

川岸で4歳のミックスの男の子に出会いました。
とっても気が合って、
ラブラブ

2012 5 30 005

「えへへ、チューされちゃった、そんなにイケてる?」
って言わんばかりのこの顔(笑)


と、おかげさまでルナが我が家に来て以来、
暢気で幸せなわんこライフを満喫しておりますが、
東北の被災地では被災したかわいそうな動物達がたくさんいる、
という現実を忘れてはいけませんね。

そんなことを改めて思ったのも、
よく訪問させて頂くmasumiさんのブログ(「カウンセリング・ルーム M.heart」)で、
京都外語大学で「のこされた動物たち」の写真展があるという記事を読んだからです。
お近くの方はぜひ、こちら ↑ をクリック、詳細をご確認のうえ、お出かけになられてはいかがでしょう。



ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


スポンサーサイト
08:30 遠出の散歩 | コメント(4) | トラックバック(1)

新しいお気に入り

2012/05/30
2012 5 29 001

お天気が崩れる前にお散歩。
道すがら、綺麗なお花たちに出会えます。

2012 5 29 002

今までのものが窮屈になったので、胴輪を新しいものに買い換えました。

2012 5 29 004

2012 5 29 005

立ち寄ったお寺の境内では、ちょっと面白い像が。
一応ごあいさつ。


P5290298.jpg

スティッチがボロボロになったので、
カインズのペットコーナーでこんな人形を見つけて買ってあげました。

P5300299.jpg

さっそく遊んでいます。
今度のは簡単に中の綿は出てこないかな。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:31 ルナ日記 | コメント(0) | トラックバック(1)

記憶のあいまいさ

2012/05/29
wtr0082-022.jpg


過去の記憶ってけっこういい加減だなあ、
と思うときがあります。


先日も、15年以上ぶりに我が家を訪れたお客様が、
「奥様があの時、こんなふうにおっしゃったのが印象的でした。」
と語ってくれたエピソードにまったく記憶がなくて ? ? ?


また、久しぶりに会った中学の同級生に、
「そう言えばsayoちゃん、お弁当のときにおっきな夏みかんもってきたことがあったよね。」
と言われ、まったく覚えがなくて ? ? ?


娘に小さい頃、お母さんがあの時「○○」って言ったよね、
と言われ、これまた覚えがなくて ? ? ?


というふうに、いっとき、同じ時間、空間を共有していても、
フォーカスしているものがそれぞれなので、
記憶を共有できないということがありますよね。


言ってみれば、私達はそれぞれに閉じられた宇宙の中に生きていて、
一歩たりともそこから外へ出ることはできない。
まして他人の心の中に入ることなどできません。


あなたが想像するAさんは、
完全にあなたの宇宙の中のAさんです。


それでも私達は常に自分以外の誰かを必要とし、
承認されたいと求めてやまない、
考えてみれば不思議な生き物です。


今日はルナが娘のところにお泊りに行っていて、おりません。
ちょっと物足りないです。

P5290290.jpg

遊び相手のいないスティッチも寂しそう。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:43 今日の気づき | コメント(2) | トラックバック(1)

ちっちゃいものが好き

2012/05/28
なぜか小さいもの、さりげないもの、ささやかなものに心惹かれます。
箱庭療法や盆栽を学んでいるのも、
そもそもミニチュア好きだからのようです。


盆栽

山もみじ。剪定しました。


お花も、可憐な野の花が好きです。

P5270285_20120527210558.jpg

今、庭に咲いている花たちから、
ほんの1、2輪ずつ頂いて、
芳香剤の空き瓶に挿してみました。
(つつじ、ノースポール、都忘れ)


P5260278.jpg

空き瓶は気に入ったものはとっておいて、
トイレのコーナーに飾ったりしています。
挿しているのは、庭に生えてきたヒバのひこばえ。



2012年5 27 002

ルナもどうやらここらでもう大きくなるのをやめたようです。
私のちっちゃいもの好きに合せてくれたのでしょうか(笑)



ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


09:01 日々のつれづれ | コメント(0) | トラックバック(1)

取りこぼした子ども時代の忘れ物

2012/05/27
005.jpg
(私の箱庭、このときはなぜか子宮をイメージしました)


昨日は、箱庭療法関連の事業報告をしてきました。

箱庭というと、子どもの遊びという印象が強いようで、
「大人もやっていいの?」
という声を聞くことが少なくありません。


砂の上に自由にミニチュアを置いていく、
確かに、子どもの遊びのようなものですが、
大人の方にも効果があります。


カウンセリングを必要とするクライエントさんは、
現在抱えている悩みと向き合っていくうちに、
子ども時代からの問題に辿りつく方が多いようです。


子ども時代に抑圧したものが、
自分が親になって子どもと接するときに、
出てくるということも珍しくありません。


子どものときには、たくさん遊んで、
親にも十分甘えて、愛着関係を築くことはとても大切。


子どもらしい経験の蓄えは、その人を支える宝物でもあります。


小さい頃から大人のようにふるまわなければならない環境に育った場合でも、
取りこぼした子ども時代の忘れ物を取りに戻ることは、
いくつになっても可能です。


箱庭はそのための有効なツールの一つです。


2012 5 26 003

これもルナにとっては大切な(?)遊び。

2012 5 26 002


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓







08:30 カウンセリング・箱庭療法 | コメント(0) | トラックバック(1)

行ってきます

2012/05/26
P5260275.jpg


庭のデッキがお気に入りのルナは、
雨の日以外はここで過ごすことが多いです。

今朝は盆栽とツーショット(葉っぱの朝露をなめてます)。


2012年5 23 007


庭のクレマチス、今年も咲きました。
植えてから十数年、あまり手入れもしないのに、
毎年咲いてくれるのはありがたいです。


今日は、関わっている市民団体で昨年度行った市民企画事業の報告会、
パワーポイントを使って発表します。


このブログはきわめて個人的な勝手な感想、日々のつれづれを綴っておりますので、
あえてリンクさせていませんが、
日頃はこれでも、いたって善良でまじめな団体でボランティア活動をしております(笑)


では、久しぶりにスーツを着て、行ってきます!



ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:41 日々のつれづれ | コメント(0) | トラックバック(1)

好意の返報性

2012/05/25
2012年5 23 004

さて、ルナが天性のラブ・ハンターとして成功率が高いのは、
(たまにどうしても寄って来ないでという子もいますが)、
誰にでも「大好き」と寄っていくからですね。


これを見ていると、「好意の返報性」という言葉が浮かびます。
心理学用語で、人は自分に好意をもってくれた存在を好きになる、というもの。
犬にも当てはまるようです。


この「好意の返報性」を積極的に取り入れて、
難しく考えずに先に好きになってしまうと、
人間関係も円滑に回りやすいなあ、というのが実感です。
(逆に「悪意の返報性」もあるので、これは気をつけたいですね。)



自から何かを好きになると、
そのエネルギーはvoltex(渦)を生み出し、
この渦に望むものが引き寄せられてくると聞いたことがあります。


それが宇宙の法則、自然の理(ことわり)だとしたら、
利用しない手はありません。


2012年5 23 005


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:48 今日の気づき | コメント(0) | トラックバック(1)

天性のラブ・ハンター

2012/05/24
2012年5 23 002


お散歩中、4頭飼いの子達に遭遇。
ルナが誘いかけるので、たちまちわらわら寄ってきました。
でも、白のフレンチブルドッグの男の子が、激しく威嚇吠え。


ところが、ルナが気にせず、しっぽふりふり寄っていくと、
すーっと大人しくなり、この通りごあいさつができました。
この後、ルナはあちらの飼い主さんにも甘えて、ちゃっかりかわいがってもらいました。


2012年5 23 003


とにかく人見知り、犬見知りせず、誰にでも寄っていって、
たいていは仲良くなってしまうので、
「天性のラブ・ハンター」と夫は呼んでいます(笑)


2012年5 23 006


犬は生後3ヵ月くらいまでの育ち方で社会性が身に着くかどうかが決まるとか。
ルナはきょうだいたちと一緒に育ち、
わんずぺーすさんにいたときも、
他のわんこたちと始終とっくみあって、もまれていたので、
その点はしっかり身に着いているようです。


人間もまた、人の中にあって、人と関わることで、
いくつになっても成長し続けるものですよね。


2012年5 23 008



ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ルナ日記 | コメント(0) | トラックバック(1)

スティッチ受難

2012/05/23
2012 5 22 002

「カリカリだけじゃ食べないもん。」


馬肉を混ぜると・・・

2012 5 22 001


食べた後は、いつものように元気に激しく遊ぶ

2012 5 22 003


おかげで、スティッチの10円ハゲがますます増えてます
中身の綿をどんどんつまみ出してるし・・・

2012 5 22


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ルナ日記 | コメント(2) | トラックバック(1)

第三の道を探す

2012/05/22
2012 5 21 002

近所の小さな川で。ルナは水遊びも好きみたいです。


昨日は金冠日食、きれいでしたね。
薄曇りでしたが、細い三日月のような神秘的な光をチラッと見ることができました。
木の葉の影もうろこのような形で、面白かったです。

わたくし、お恥ずかしながら基本的な勘違いをしていました。
金冠という語感から、太陽と金星が重なるのだと勝手に思い込んでいました

そんなうっかり者は日本中で私くらいかもしれませんが、
案外自分で気づかない思い込みってありますよね。

その思い込みに気づかされるのは、人から指摘されたときとか、
人との間で問題が発生したとき、などが多いですね。

つまり、自分ひとりの中ではそれがあっても、あまり問題ではない。

誰かとの間で、思い込みと思い込みがぶつかって、
バトルになる。

そして、その誰かは家庭や職場などの近しい人であることが多い。


そういうとき、私が我慢して相手の言い分を呑むか、
相手に我慢させて私の言い分を通すか、
の二者択一しかないように見えますが、
第三の道が必ずあるはずなんです。


そこを一緒に見つける手間をかけることが、
より心地よいパートナーシップを育てるために、
避けて通れない道のような気がします。


2012 5 21 001

今日出会った子は、13歳のエアデールテリアくん。
仲良くクンクン。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:54 今日の気づき | コメント(0) | トラックバック(1)

見えている色もいろいろ

2012/05/21
2012 5 20 001


ミニバラが例年になく、たくさん花をつけてくれました。
鮮やかな赤い色です。

ところで、この色、
私に見えている赤とあなたに見えている赤、
実は同じではないかもしれません。


昨日の記事で、
私達はそれぞれのモノサシで判断している、
ということを書きましたが、
視覚で捉えている世界も皆同じ、というわけではないようです。


メカに弱い私、説明書を見るのも怠っているので、
写真を撮るときは、
デジカメのオート撮影に頼っています。
これはカメラが露光やらピントやらを自動的に調整してくれているわけですね。

私達がものを見るときも、
このデジカメと同じで、
網膜から伝わった情報を脳が自動的に加工、編集して、
映像として捉えているのだそうです。


また、人間には紫外線は見えませんが、
チョウやハチなどには見えるのだそうです。

なので、チョウに見える世界と人間に見える世界は
おそらくかなり違っているのでしょうね。


そもそも目に見えるものですら、みな同じとは言えないのですから、
私の捉える現実と、あなたの捉える現実が違うのも不思議ではないですね。


日常的にはそれを忘れてもあまり問題はない、
というかその方が便利でしょうが、
「私が正しくて、相手が間違っている!」
と思えて仕方ないときは、そのことを思い出すと、
かなり落ち着きを取り戻せます。


2012 5 20 003
                   ↑
今日のお散歩で一番仲良くなったのはこの子。
8歳の男の子だそうで、クンクンお互いに匂い嗅ぎっこ。
「普段なかなか女の子に匂い嗅がせてもらえないんですよ。今日はよかったね。」と飼い主さん。
ルナはまったくオープンで、どうぞどうぞって感じ(笑)


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 今日の気づき | コメント(0) | トラックバック(1)

至福のひととき

2012/05/20
2012 5 19 001

昨日は我が家にお友達5人が遊びに来てくれて、
賑やかに楽しい休日を過ごしました。

年齢も職業も住んでいる所も個性もまったくバラバラで、
共通点といえば、
美人女子ということと(笑)
不思議系の話もOK、大好きというところ。

集まるのは数ヶ月に一度ですが、
私にとってはちょっと特別な友人達です。


以前は、友達と言えば、同級生やママ友など、
境遇が近い人がほとんどでしたが、
最近は外側の条件に関係なく、
幅広くいろんな人と仲良くなれるようになったのが、
ちょっと自慢です。


それぞれに今抱えている思いや悩みをシェアしました。

結局、皆それぞれに自分のモノサシで相手を判断し、
「なんでなんで?」とぐるぐる疑問が沸いてきて、
どんどん苦しくなるんだね、というところに。


最終的には楽しく笑い合って、重たいものも軽くなって・・・


たまにしか会えないけれど、
会えば必ず至福のひとときを分かち合ってくれる
大切なガールフレンド達に感謝です。


2012 5 19 002
          ↑
ルナはずいぶん落ち着いて大人になったねと言われました。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


09:20 日々のつれづれ | コメント(0) | トラックバック(1)

ミラーニューロンを活用する

2012/05/19
gft0064-049.jpg

カウンセリングの世界では基本中の基本である共感すること。
脳科学の見地から言うと、これを司るのは
ミラーニューロンという脳神経細胞だそうです。

文字通り鏡のように、他人のことをわがことのように感じる神経細胞。
以前書いた「エンパスな人」も、
このミラーニューロンが発達している人、と言えますね。


このミラーニューロンの働きをうまく活用して、
なりたい自分になる、ということも不可能ではないようです。

具体的には、将来こうなりたいなあという願望があれば、
それを既に実現している人と知り合いになるといいそうです。


独立してフリーで仕事を立ち上げたいという夢があれば、
実際にそれを実現している人に会いにいく。

お金持ちになりたければ、
お金持ちの人が集まる場所に出かける。

美しくなりたければ、
美しい人とお友達になる。


ミラーニューロンは自分のことと他人のこととの区別なく、
同じように働くので、
あたかも自分がそうであるかのような気になる。

そうすると、その願望はそんな無理なものでもないような気がしてきて、
一歩が踏み出せる。

「私には無理」ってはなから諦めてしまうことが多いですから、
「私にもできるかも」と思えることは、
実現への大切なステップです。


ミラーニューロンはまた、人との絆を結ぶのにも重要な働きをしています。

相手の気持ちを察したり、自分の気持ちをうまく伝えるためには、
共感する力が大切。

なかなかいいご縁に恵まれない、
という婚活中の方は、この共感能力を高めるのが近道なようです。

素敵な恋愛映画を観たり、美しい景色や芸術作品を見たりして、
瑞々しい感性を磨いて、たくさんの「好きなもの」に目を輝かせていると、
いい出会いが訪れそうですね。


2012 5 17 008
        ↑
ルナは初対面の人やわんこと仲良くなるのが得意。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 今日の気づき | コメント(0) | トラックバック(1)

近所の散歩コース・高尾山

2012/05/18
2012 5 17

最近はテレビでもよく紹介される高尾山、
平日の夕方なので、登山客も下山して、閑散として見えますが、
連日観光客で賑わっています。

2012 5 17 001

うちからは近場の散歩コースなので、
麓までは、ちょくちょく行きます。

2012 5 17 003

大木がいっぱい。

昔から行者さんの修行場で、神聖な山として大切にされてきたので、
貴重な自然が残されています。


山の南側は温帯、北側は寒帯の植生で、
ちょっと珍しいそう。
高尾山だけにしかない植物もあり、ムササビも棲んでいます。


2012 5 17 007

行くたびに新たなものが・・・

これは中央の輪の部分に触れて回しながら、
「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」と唱えなさいというもの。

「六根」とは人間の五つの感覚プラス意識、
清浄は清らかにすること。
つまり我欲、煩悩、執着を絶ち、清めましょうってことだそうです。

うーん、でも、これらがあってこそ人間らしいというもの。
私はほどほど持っていたいのでパス(笑)


2012 5 17 006

ルナは例によって、どの子にもご挨拶。
このわんちゃんともチュッチュッキスして、とっても仲良くなりました。

2012 5 17 009


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ルナ日記 | コメント(0) | トラックバック(1)

素直に返る

2012/05/17
2012 5 12 010

ルナを見ていると、得な性格だなあ、
とつくづく思います。

甘え上手というか、可愛がられ上手です。

向こうから歩いてくる見知らぬ人にも
しっぽを振って寄っていって、
ちゃっかりなでてもらい、可愛がってもらっています。

よけいな警戒心がなく、
自分は愛されると素直に信じているようです。


人間だって、小さい頃は皆そうだったかもしれないのに、
いつの間にか、いい子でいないと愛されない、
役に立たないと存在価値がない、
といった思いが身に着いてしまっていることが多いですよね。


それが行動の動機付けになったりもするので、
一概に否定されるべきものではありませんが、
外側からの要求に応えることに一所懸命なあまり、
気づいたら自分の本当にやりたいことが何かわからなくなっている、
ということ、ありませんか?


私は時々あるので、
そんな時は、一旦、外側の要求は置いといて、
素直な自分に返る時間を意識的に持つようにします。

自分の一番の望みは何?
と。

あくまでシンプルに素直に・・・ルナが思い出させてくれます。


2012年5 16


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 今日の気づき | コメント(0) | トラックバック(1)

目のトラブル 2

2012/05/16
昨日の続きの前に、
緊急告知です


東京町田市にて、猫の多頭飼いレスキューが行なわれています。
期限は今月5月23日。
里親および一時預かりの方、また支援金を急募しているそうです。
以下、条件をご確認の上、レスキューに関わっている団体
「たんぽぽの里」へ直接お問い合わせください。

また、この記事を拡散できる方はご協力下さいとのことです。    
            ↓
http://ameblo.jp/inunekodaisuki/entry-11233579657.html



さて、昨日の続きです。
横浜相鉄眼科医院の大高先生は、今やテレビに出演したり、新聞でも紹介されて、
すっかり有名になられていますが、
私が最初に行った2008年も、院内は既に患者さんで大混雑でした。

ドキドキしながら診察室に入りましたが、
とても気さくな関西弁の先生で、
「元々美人なんやから、さらに美人になるように一緒にがんばろうな。」
と握手して下さいました。

一瞬我が耳を疑ったのですが、
それは大勢の患者さんと短い時間で信頼関係を作る先生独特のやり方で、
毎回必ず患者さん一人ひとりと握手し、あたたかい言葉をかけて下さるのです。


手術は半年待ちで、当日は日帰りでした。
結膜の患部を切り取り、目の隅っこの方のきれいな結膜を一部切り取って
縫いつけるという恐ろしく繊細な手術で、
手術がうまくないと再発の確率も高いのだそうです。

まず目に麻酔の眼薬をさします。
効きが弱いと、さらに目に注射で麻酔を追加します。
目なので針やメスが入ってくるのが見えたらどうしよう、怖すぎる
と心配していたのですが、
実際は視界はもやがかかったように何も見えなくなりました。

時間は15分くらいだったでしょうか。
先生のゴッドハンドは素晴らしく、看護師さんと普通におしゃべりしながら、
パッパッパと済ましてしまいました。

痛みはなかったのですが、目玉がぐるぐる回されるような感覚があり、
ちょっと怖かったです。

そして、術後は顔の半分もあるような大きな眼帯をして、
電車で帰ってきました。
(そのときのことはこちらの記事)


麻酔が切れてからも痛みはほとんどなく、
魔法のようでした。
おかけでさまで、その後も順調に回復し、
慢性的な痛みからも解放されて、
大高先生にはとても感謝しています。


納得がいかなければ妥協せず、
いいお医者さまを探す、
ということはとても大事ですね。


2012 5 14 001
          
            ↑
近所の駐車場の隅っこ、ここは、たぶんわんこの掲示板みたいなところ。
ルナはいつも寄って行きたがります。

2012 5 14 001 拡大
      ↑
   思わずベロが出てます
          
2012 5 14 002

            ↑
そして、座り込んで、なかなか帰りたがりません(てこでも動かないもん!)。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 思い出すこと | コメント(0) | トラックバック(0)

目のトラブル 1

2012/05/15
2012 5 12 009

お日様の光は大好きで、
爽やかな五月晴れは幸せな気分になりますが、
浴び過ぎると紫外線の害が気になりますね。


部活でテニスをやっていた中学生の頃など、
何にも気にせず、真っ黒に日焼けしていましたが、
若い頃のつけがしっかり今、しみになって出ています


日焼け止めを塗ったりして気をつけている方も多いと思いますが、
実は紫外線は目にも大敵なことを御存知でしょうか?


私は数年前に、「翼状片(よくじょうへん)」という目の病気になりました。

これは紫外線などによる慢性の炎症が原因で、
結膜に腫瘍(良性のものですが)ができるというもの。


私ははじめ、目にゴロゴロする異物感を感じ、
てっきりゴミが入ったのかと思って、
鏡でよくよく見ると、白目の一部が盛り上がって、
黒目のふちにかかっていることに気づきました。


近所の眼科に行ったところ、
「翼状片」という聞き慣れない病名を告げられ、
手術以外に根治する方法はないこと、
再発の確率も高いので、瞳孔まで侵入して視力に障害が出るほどでないならば、
手術は勧められない、ということでした。


私の場合、黒目のふちにかかる程度で瞳孔までは進んでいないものの、
ずーっとゴミが入ったままのような痛みと涙で、
とても辛かったので、その医師の見立てには納得がいかず、
ネットで病気のことを調べました。


そこで、その手術の名手の先生を見つけることができたのです。
横浜相鉄ビル眼科医院の大高先生。
わらにもすがる思いで、早速受診しました。


続きは明日・・・


2012 5 13 005
       ↑
デッキに日よけを設置。いらなくなったロールスクリーンを再利用しました。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


09:11 思い出すこと | コメント(0) | トラックバック(0)

ごきげんな一日

2012/05/14
2012 5 13 001

日曜はいいお天気、朝デッキで遊んでいると、
鳥の声がして、思わず見上げるルナ。

ここは裏が山なので、
鶯をはじめいろんな小鳥がいて、美しい鳴き声を聞かせてくれます。


2012 5 13 002

遊んでいる様子を撮りたいのに、カメラを構えると飛び出してきて、
フレームに収まらない


お昼はお弁当を作って娘とルナと秋川へ。

2012 5 13 003

2012 5 13 004

2012 5 13

嬉しい~お外大好きだそうです。

2012 5 13 006

うちに帰ると、毛布がくちゃくちゃなのも気にせずぐっすり。
手と足計4本、あごの下にまとめて寝てます


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ルナ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

見えない存在に守られて

2012/05/13
2012 5 12 003


ちょっと遠出の散歩の途中によく立ち寄る神社です。
素敵な大木がたくさんあって、
気持ちのいい場所です。


2012 5 12 006

ルナがキツネに見えてきます(笑)

2012 5 12 007


神社は大好きで、旅先でも必ずその土地の神様にご挨拶に行くようにしています。

三年前、熊本に行ったときのこと。
市内に藤崎八幡宮という神社があったのですが、
今回は回りたいコースから外れているから、
パスして駅に戻ろう、と思っていました。

ところが、たまたま乗ったバスが思いがけず神社の前を通る便でした。

これは「寄って行きなさい」ってことだなあ、と思って素直に途中下車し、
お参りしました。


その日の未明、
一人自宅で留守番をしていた娘に、
とんでもないことが起きていました。

真冬で寒かったので、電気ストーブをつけたまま寝て、
布団に引火してしまったのです。

普段、地震でも起きないような娘が、
そのときはふと目が覚めて、
布団から炎が上がっているのにびっくり仰天したそうです。

一瞬、頭が真っ白になって呆然としつつ、
布団をかぶせて火を消そうとしたものの、かえって炎が高くあがり、
思わず「お母さん!」と叫んだそう。

情けないことに、そんなことと知らぬ私は、
その頃ぐっすりホテルで眠っていました。

ともかく一人でなんとかするしかない、と思った娘は、
水を求めて、階下に下りて台所に行くと、
ちょうど翌朝お菓子を作ろうと思って出していたボウルが目に入り、
とっさにそれに水をくみ、
炎にかけたところ消えたそうです。


間一髪、布団とストーブが焦げただけで、
やけどもせずに無事でした。


後からそれを聞いた私は、ぞーっとしました。

娘を一人残して旅行に行っている間に、もしものことがあったら・・・
一生悔やむところでした。


そのときは、見えない存在に守られている、
と心底思いました。


そういえば、熊本に向かう飛行機の窓から、
雲に機影が映ってるのが見えて、
それがずっと丸い虹に包まれていました。
(ブロッケン現象といって、気象条件や座る位置など、いくつかの幸運が重なって出会えるそうです。)


2012 5 12 011


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ちょっとスピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(0)

居住空間は頭と心の鏡

2012/05/12
P5110174.jpg

つつじも今が盛りですね。

さて、片付けものをしていると、必ず何かいいものが出てきますよ

こんなの持ってたのかーというもの。

昨日写真の整理をしていて見つけたのは、
SDチップのデータを直接パソコンに読み込むカードリーダー。

私用のパソコンはお下がりなので、
SDチップを直接挿入できず、写真の取り込みのときだけ、
夫のパソコンを拝借していました。

夫はほぼ一日中パソコンに張り付いているので、
お風呂に入ったスキに、とか、寝てから、とか、
何かと不自由だったので、
うれしい発見です
(買った覚えはなく、娘が置いて行ったものらしい)


今日は台所を片付けていて、
視界に入る物を減らしていく過程であらためて気づいたことが・・・

それは空間がシンプルだと、頭の中もスッキリして、集中力が高まるということ。


物が多い=よけいな情報量が多い=注意散漫になる


大事な作業をやるときは、身辺を整理してからの方が断然効率がいいですね。


居住空間は頭と心の鏡、まだまだ垢落としの日々が続きます。



けっこう寝相が面白いのですが、
カメラを構えると気配を察知して起きちゃうんです。
      ↓
P5090172.jpg


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 今日の気づき | コメント(0) | トラックバック(0)

今が一番好き

2012/05/11
R0012011.jpg

ここのところ連日続けているときめきお片付け、
衣類、雑誌、本、書類、雑貨、食器と進み、
本日はいよいよ難易度の高い写真の整理に着手。

丸一日かかりました。

なにせ十年以上、ちゃんと整理しないまま引き出しに溜め込んでいたので

ピンボケのものや同じのが複数枚ある場合は、迷わず捨てられますが、
そうでないものは、なかなか思い切れません。

それでもかなりの量を処分しました。


先代犬ナナの写真もたくさん出てきました。
昔のものは電子データに残っていないので、アップできないのが残念。
上の写真は晩年のナナ。
下はルナ。
比較して見ると、やっぱり年の差が明らかですが、
子犬には子犬の、おばあさん犬にはおばあさん犬のあじわい、可愛さがあります。


2012.4.30 003


そして、昔の自分の写真を見てから、
鏡を見ると、当たり前ですが、年とったなーとがっかり(笑)


でも、中身は常に今の自分が一番好きですし、
ずっとそうでありたいなと思います。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 今日の気づき | コメント(4) | トラックバック(0)

当たり前でないこと

2012/05/10
2012 5 9 001

ご近所でボタンが大輪の花を咲かせていました。
うちのボタンはまだ咲きません。

2012 5 9 004

ルナのヒート期間が終わったので、狂犬病の予防接種に行ってきました。
獣医さんに、「お変わりありませんでしたか?」と聞かれ、
「ずっと食が細かったんです。」と言うと、
先生は頷いて、
「僕が言うのもなんだけど、下腹部痛とかあったりして、
食欲が落ちるのはよくあることですから。」
とのこと。

痛いとか苦しいとかは口に出さないのはもちろんのこと、
遊ぶ時は元気にはしゃいで遊んでいたので、
そんなこともあるなんて想像だにせず、
ただ食事のたびにやきもきしていました。


先生の言葉を聞いて、すうっと胸のつかえが下りました。
確かに終わったとたん、残さず食べるようになり、
今日なんて台所で食事が出てくるのを待ちわびていました。

美味しそうにペロリと平らげてくれると本当に嬉しいです


先代犬ナナは晩年、食べることへの執着が激しく、
しょっちゅうエサの入った引き出しをガリガリやって催促して、
ボケてきたのかしら、とちょっと困っていました。

急逝した日は、夕ご飯をあげずじまいで、
残ったフードやおやつを
こんなことなら好きなだけ食べさせてやればよかった、
と泣きながら捨てたものです。


生きているって、命があるって、
ただそれだけでなんて素敵なことだろう、
温かくて、柔らかくて、呼吸をして、動いて、泣いたり笑ったりして・・・


時々こんなふうに、
当たり前でないことが当たり前に機能していることに、
驚異と感謝の思いを持たずにはいられなくなるのです。



ご訪問いただき、ありがとうございます。
よろしければ、こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓






08:30 ルナ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

必要なお金は回る

2012/05/09
sor0077-024.jpg


先日、お友達のお誘いで参加したフォーラムで、
天職を見つけ、独立して成功しているという方達のお話を聴きました。

4名の講師の皆さんが口を揃えておっしゃっていたのは、
必要なお金は回る、
ということと、
お金はエネルギーなので、
頂くことへの罪悪感、ブロックを外す、ということでした。


それまでの仕事をやめて好きな仕事を始める
というのは、大きなリスクをとることです。

現状に不満があっても、安定を手放して、
未知の世界に飛び込むのは、
なかなか怖くてできませんよね。


それを現実化している皆さんからは、
どこか我を超えたものを信頼し、委ねている
清清しいエネルギーを感じました。


そう言えば、数年前、
我が家の裏山の木を切ることになり、
うちの敷地ではなかったけれど、
諸事情あって、費用の一部を負担しました。

そうしたら数日後に、全然関係のないところから
タナボタ的にまったく同額のお金が入ってきました。


宇宙を信頼して委ねると、
必要なお金は、どこかから回ってくるようになっている、とのこと。


2012 5 5 004


そして、天職や使命は自分で決めてしまっていい。
でも、やりたいことがわからないという人は、
神様に(あるいは宇宙に、でも天に、でもいいと思うのですが)
「私にふさわしい仕事をお与え下さい。」
と真剣にお願いすると、やかで与えられるそうですよ


2012 5 8 001

ようやくヒート期間が終わり、食欲が戻ってきて一安心。
これで成犬サイズなのかしら・・・

ご訪問いただき、ありがとうございます。
こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓












08:30 今日の気づき | コメント(2) | トラックバック(0)

どんな感情もあっていい

2012/05/08
2012 5 5 007

私たちは日頃、自分にいろんな制限を設けています。

・わがままはいけない。
・人を悪く思ってはいけない。
・腹を立てるのは大人げない。
・誰だってそれぞれ事情があるのたがら責めてはいけない。


などなど、数え上げるといくつも出てくるはず。
これらは小さい頃から、周囲と調和的に生きるための知恵として
教えられてきたことです。


けれども、生身で生きているとそうもいかず、
沸いてくる感情と理性の間で葛藤し、
モヤモヤして苦しくなったりしますね。

2012 5 5 002


私は最近はどんな感情もあってもいい、
と思えるようになりました。


怒りや妬み、焦りや寂しさ、
どれも肉体をもって生きていればこそ。


沸いてきたら、一旦その感情もあっていい、
と認めて十分感じきる方が、
無理に理性で抑え込むより、
早く抜けられます。


また、自分の感情を認められるようになると、
人の感情も認めやすくなります。

自分に許可していないものは、
人にも許せなくて目につくものだからです。


沸いてくるものを自然なものとして認めているうちに、
だんだん大したことではなくなって、
気が付いたらいつの間にか卒業していたりするものです。


ただ生の感情を周囲にストレートにぶつけると、
倍になって返ってきて、さらにストレスを生むということがありがちなので、
それを回避したい場合は、表し方に知恵と工夫が必要ですね(笑)


2012 5 5 016


ご訪問いただき、ありがとうございます。
こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 カウンセリング・箱庭療法 | コメント(0) | トラックバック(0)

エンパスな人

2012/05/07
2012 5 5 006


昨日の記事の続きです。
エンパスとはエンパシー=共感能力が高い、
簡単に言うと、
他人の感情や痛みなどに感応しやすい人です。

・人ごみに行くととても疲れる。
・具合の悪い人を見ると自分も気分が悪くなる。
・すぐもらい泣きをする。
・人の話を親身に聴きすぎて、 話した方は「あーすっきりした。」と元気になるのに、
 自分はどっと疲れて、頭痛がしたり、最悪寝込んだりする。

などなどの特徴に思い当たる節のある方は、
そうです。

日本人には多く、5人に1人はそうだという話もあります。


私もエンパスの傾向が強く、
以前はよく人の愚痴を聴き過ぎて、寝込んでました(笑)

最近は意識的にシャットするすべも覚えて、
だいぶましになりましたが。


レイキを習ったばかりの頃、
ある日、夫が統合失調症の人の話に3時間くらいつきあい、
帰宅するなり不調を訴えました。

頭痛とひどい吐き気。

私は夫が受け取ってしまったエネルギーを吸い取ってあげたいと、
額にずっと手をあてていました。


すると、しばらくして夫は楽になったのですが、
今度は私がまったく同じ症状になってしまったのです。


それで、自分の過ちに気づきました。

レイキは自然界のエネルギーを
透明なパイプになってただ通すだけでいいのに、
私が吸い取ってあげる、と思ってしまったので、
自分の身体に吸収してしまったのです。

「私が」という我(が)は不要というか邪魔なんです。


幸いその日のうちに抜けて回復したので、
風邪でもなかったようです。
(風邪なら何日か潜伏期間がありますものね)


カウンセリングの場でも、未熟なうちはこういうことが結構あるようです。
それほど人のエネルギーというか気というもの、あるいは感情の力は強力です。


共感能力が高いということは、
プラス面もたくさんありますが、
人の負の感情にも影響されやすい、
自分の気持ちと人の気持ちの区別がつかなくて、
揺らぎやすい、しょいこみやすい、といったマイナス面もあります。


スイッチのオン・オフがうまくできるようになると、
ずいぶん楽です。

エンパスだなと思われる方、
人の苦労までしょいこみ過ぎないようにご注意。


お片付け連日続行中。
今日はこんなものが出て来ました。
       ↓
2012 5 6

以前の記事「あちらの世界からのサイン2」でご紹介したオルゴールです。
ねじを回すと、「白い恋人たち」のメロディーが流れます。


2012 5 5 015
      ↑
お散歩は町田のアイス工房ラッテへ。
町外れにありますが、美味しいのでいつも賑わっています。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ちょっとスピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(1)

光の手

2012/05/06
2012 5 5 011

ようやく晴れました!

あまりにも美しい光の朝だったので、
大急ぎで家事を片付け、午前中から散歩に出ました。


こちらは町田市相原の清水寺(せいすいじ)というお寺。
境内には新撰組の近藤勇の石碑もある立派な古刹です。

2012 5 5 001

彫刻の素晴らしいこと!

2012 5 5 005

オーブがいっぱい写り込んでいますね。


さて、昨日からの続きで、レイキの話。

初めて聞く方は、カタカナなので外国由来のもの?
と思われるかもしれませんが、
大正時代に日本で生まれた民間療法です。

日本では創始者の没後、ほとんど忘れられていたのですが、
海外で広まり、80年代に逆輸入のような形で、
再び盛んになってきました。


宗教とはまったく関係ありません。
大自然のエネルギーを通す光のパイプになって、
ヒーリングを行うというもの。


人によって感じ方は微妙に違うようですが、
私はてのひらがジンジンというピリピリというか、
静電気に近い感覚で、
朝寝起きとか、入浴中とか、
リラックスしたときに特によく感じます。


レイキのセミナーに行くと、
アチューメントという光のパイプを太くする伝授を受けます。

でも、伝授を受けていなくても、
そもそも人はみな光の手を持っていると思います。


パートナーや親子間などで、
愛情を込めて手当てをしてあげることは、
される方もする方も気持ちがいいものです。

疲れてるな、と気づいたら、
しばらくそっと肩に手を当ててみてあげて下さい。


ただ感受性が強く、人の感情が移りやすい、
いわゆるエンパス(empath)体質の方は、ちょっと注意が必要です。
それについてはまた明日。


2012 5 5 012


ご訪問いただき、ありがとうございます。
こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ちょっとスピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(1)

光を食べる

2012/05/05
image_20120504231031.jpg


NHKの番組で、
オオシャコガイという、世界最大の貝が
太陽の光をエサにして大きくなるということを知りました。

体の中に特殊な藻をたくさん住まわせていて、
これが光合成を行うことで作る栄養分をエネルギーにしているのだそうです。


他の貝類同様、水中のプランクトンも食べるそうですが、
必要な栄養の半分は、太陽光から得ているんですって。

まさに共生とエコのお手本ですね。


人間もいろんな意味で、太陽の光の影響を受けていますね。

晴れるとそれだけで気分がいいけれど、
曇ると、なんだか気分もどんよりしがちですが、
それもちゃんと医学的理由があるようです。
(幸せホルモン、セロトニンは、
太陽の光を浴びるとたくさん出るそう)


そして、レイキを習ってから、
光とかエネルギーというものに、より敏感になるようになりました。


人と人との間で、エネルギーの交換をしたり、
増幅しあったりしていることにも敏感になります。
パワーの強い人達が集まる場にいると、
それだけで手のひらがじんじんしてくるから
面白いです。


レイキについてはまた明日にでも。


2012 5 4 002
蒸し暑くなってきて、床にじか寝することもしばしば。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ちょっとスピリチュアル | コメント(0) | トラックバック(1)

新しいおもちゃが来た!

2012/05/04
ルナのために、うちのムコくんがUFOキャッチャーで、
がんばって、こーんな大物をゲットしてくれました
(1000円くらい使ったそう・・・)

いたく気に入ったもようで、
このとおり遊んでおります。
    ↓


[広告 ] VPS


例によって、遊び方が過激なので、
初日にして既に鼻の所から、詰物が出てきてしまっています

お気に入りだったオレンジ色のベッドは、
いたみが激しくなったので、
今日処分しましたが、
このぬいぐるみもいつまでもつか・・・

大事に使おうね、ルナ。

2012 5 3 001

今日も散歩で、
「きりっとした男前ねえ。」と褒められました。
ピンクのハーネスとリードなんですが、
よく男の子に間違えられます。


ご訪問いただき、ありがとうございます。
こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 ルナ日記 | コメント(0) | トラックバック(1)

タイムカプセル

2012/05/03
a0960_002470_m.jpg


トキメキお片付け3日目の今日は、
思いがけない物を発見しました。

母から譲り受けた和装用バッグを開けたら、
中に古新聞の詰め物が・・・

広げてみると、三十年以上前の郷里の地方新聞。
その1面に、
なんと私の顔写真と名前の出た見出しが
(三面記事ではありません)

中学三年生のとき、作文コンクール2位入賞という記事でした。
(そんなことが記事に載るくらい田舎なんです。)


タイトルは「納税の意義」(固い!)。

学校の国語の授業で、
税務署主催のコンクールに応募させられたのでした。

入賞したということで、
当時、学校に黒塗りの公用車がお迎えに来て、
税務署に連れて行かれ、
表彰式があったことを思い出しました。

賞品に金色のボールペンとシャープペンのセット。

なんか気恥ずかしかったけれど、
堂々と授業を抜けられて、嬉しかったのを覚えています。
(そんな晴れがましい出来事は後にも先にも一回きりですが・・・)

そのときの新聞が、
バッグの詰め物にされていた・・・
いやいや、捨てないでとっておいてくれた
と思うことにします(笑)


少々フクザツな気持ち、
でも、面白いタイムカプセルでした。


片付けをすると、
必ずなんか面白いものが出て来ますよ。
皆さんも連休後半にいかがですか?


2012 5 2
        ↑
今日は大雨でお散歩はお休み、つまんない、寝るか・・・


ご訪問いただき、ありがとうございます。
こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓


08:30 思い出すこと | コメント(0) | トラックバック(1)

笑顔のおこぼれ

2012/05/02
riv0017-009.jpg


浄化作戦続行中です。
今日は雑誌と本の整理。

夫の大量の蔵書はアンタッチャブルなので、
わたくしのもののみです。

それでも、いつの間にか結構たまっているものですね。
廃品回収に出すものとブックオフに売りに行くものと取っておくもの、
三つの山に分けしました。


次に書類。
家電の保証書や取扱説明書、現物は既に壊れてないのに、
後生大事に取ってあるものもあります。

だいたい、保証書なんて保証期間過ぎたら取っておいても意味ないですよね。
捨てよう、捨てよう、とどんどん減って、
だいぶすっきりしました。


さて、雨の合間を縫って、息抜きにお散歩。
ルナはこの時間をものすごく楽しみに待ちわびていて、
今日は自らハーネスをくわえて持ってきました(笑)

2012.4.30 002

会う人ごとにご挨拶するので、
すれ違う人がみな笑顔。


今日は、長身のイケメンの男の子が
ルナを見てニッコリして、
そのまま顔を上げたので、
素敵な笑顔のおこぼれに預かれました。

ルナ効果です


ご訪問いただき、ありがとうございます。
こちらのバナーをポチッとワンクリック頂けると嬉しいです
     ↓




08:30 日々のつれづれ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。