08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

台風一過で秋到来!

2013/09/21


台風が雨風とともに夏を連れ去って、
秋を連れてきたようです。

散歩が楽しい季節到来です♪


P9170836.jpg

相模川に散歩に出かけたら、
青空と雲のコラボが素敵で、
何枚も写真撮っちゃいました。


P9170837.jpg

P9170828.jpg

P9170841.jpg

この後、日が落ちて、
雲は空がバラ色に染まりましたが、
帰りの車中だったので撮影できず残念。


ルナは七月末に散歩中、野犬に咬まれて以来、
すっかり臆病になってしまい、
あんなに大好きだった散歩もこの通り、
テンション下がりまくり。

P9170844.jpg


でも、めげずに連日連れ出して、
少しずつリハビリ。

P9180850.jpg

シッポが上がってきました!


P9180859.jpg

怖いもの知らずだったのが怖さを知って、
子どもから大人になっていくのでしょうが、
ちょっとショックが強すぎたようです。
スポンサーサイト
09:33 ルナ日記 | コメント(0) | トラックバック(0)

京都・広島の旅 5

2013/09/15
P8310781_20130914093206804.jpg

この日の宿は岩惣さん。


P8300756.jpg

夕食はお部屋で。
瀬戸内海の新鮮な味覚が並びます。


P8300758.jpg

広島と言えば、カキ。
このカキフライ絶品でした。
臭みが全くない。


P8300760.jpg

なすと生ゆばとカニの冷製。
京風の上品な味付けです。


P8300761.jpg

広島牛。
ものすごく柔らくて美味でした。


P8300764.jpg

デザート。


食後は、夜景を楽しむべく外に出ました。



夜の厳島神社はライトアップされていて、
観覧船も出ています。


P8310774.jpg

翌日の朝ごはん。
食堂で頂きましたが、
外国人のお客さんが多かったです。


P8310779.jpg

食後の美味しいモーニングコーヒーは
雨に濡れた静かなお庭を眺めながら。


朝、露天風呂に一人のんびり浸かっていたら、
目の前を流れる川の対岸に鹿さんが現れました!
鹿を眺めながらのお風呂なんて、超ぜいたく


P8310803.jpg

宿を出ると、大鳥居周辺はすっかり干潟になっていました。


P8300735.jpg

干潟には白鷺(?)も。


P8300722.jpg

五重塔を眺めながら、
豊臣秀吉が寄進したという千畳閣を見学します。


P8310790.jpg

さすが秀吉、作るものはやたらでかい!
本当に千畳なのかどうか、もっと広そう・・・


P8310794.jpg

当初は仏様が祀られたお寺だったそうですが、
明治以降は神様が祀られ、神社になっているそうです。


P8310787.jpg

高台にあるので、厳島神社や瀬戸内海が一望できます。


この後、宮島を後にし、帰路につきましたが、
台風はこの間、奇跡的に九州海上に足踏み状態だったおかげで、
スムーズに帰れました


P9140810.jpg

宿の部屋には、露天風呂に行く時に着替え等を入れるこんな袋が用意されていて、
お持ち帰り下さい、とのこと。
嬉しいサービスです。


P9150811.jpg

館内履きはさすがにお持ち帰りではありませんでしたが、
売店に同じ物があって、お土産に買って帰りました(1800円)。
紅葉のマークが入ってます。



P9050805_2013091516184002f.jpg

「ワタシはお留守番だったよ。行きたかったなぁ
16:28 遠出の散歩 | コメント(0) | トラックバック(0)

京都・広島の旅 4

2013/09/12
P8300709.jpg

宮島口からフェリーに乗り、宮島へ。
台風が近づいているので、
島全体が厚い雲に覆われています。


P8300710_20130907152943561.jpg

厳島神社が見えてきました。
宮島は島全体がご神体で、
島内にお墓はないのだそうです。
四十九日を過ぎたら島から出なければいけないとのこと。

広島に原爆が落とされた時、
海を挟んだ向かい側の町まで爆風は及んだそうですが、
この島は被爆を免れたそうです。


P8300740.jpg

島に着くと、野生の鹿が出迎えてくれます。
人に慣れていて、逃げたりしません。
野生なので、触ったり、エサをやることは禁じられています。


P8300751_20130912104248ce9.jpg

この渚の向こうから、
女の子が一人、二頭の鹿を引き連れて走ってきたので、
「鹿を連れてジョギング?」と思ったら、
鹿に好かれてしまったらしく、
「お願いだからついてこないで」と懇願するも、
また鹿はぴったりストーカーしてました。

あの後どうしたかしら・・・


P8300750.jpg

島のあちこちで、鹿がうろうろしていて、
動物好きの私にはたまりません


P8300720.jpg

目の前を小鹿が駆けていったかと思うと、
母鹿のもとへ、チュッ


P8300721.jpg

すごい勢いで
ガシガシッおっぱいを飲み始めました。
小鹿のたくましい生命力を見せてもらいました。


P8300724.jpg

厳島神社は言わずと知れた世界遺産。
朱塗りの社殿が美しい。


P8300727.jpg

悪天候の夕暮れなので、
写真は綺麗に撮れませんでしたが・・・


P8300731.jpg

満潮に向かう時刻で、
潮がひたひたと満ちてきます。


P8300728.jpg

P8300725.jpg

拝殿に向かって長い回廊が続きます。


P8300736.jpg

提灯も素敵。

P8300737.jpg

こちらは能舞台です。
こんなロケーションで鑑賞する能、
素晴らしいでしょうね。


P8300730.jpg

拝殿を撮影するのは遠慮して、
全体像を。




この日の宿は老舗旅館「岩惣」さん。
紅葉谷公園に隣接し、
自然に囲まれた風雅なお宿です。
厳島神社までは徒歩3分と最高のロケーション。

P8310781.jpg

皇族や著名人の方々も泊まる由緒ある宿で、
最高のおもてなしでした
次回に続きます・・・












11:20 遠出の散歩 | コメント(0) | トラックバック(0)

京都・広島の旅 3

2013/09/07


前回からの続きです。
萬福寺は黄檗宗のお寺なので、
中国風と和風がミックスされたようなユニークなお寺です。


P8300704.jpg

この門なんか中華風ですよね。


開祖はこの方。
隠元禅師。

P8300697.jpg

いんげん豆を中国から日本に持ち込んだことで有名です。
他にも、孟宗竹やスイカ、レンコンなども持って来られたとか。


P8300680.jpg

お堂の中にはいろいろな方が祀られております。
この見るからに太っ腹な方は布袋様。
袋の中にはお宝がつまってるとか。


P8300698.jpg

釈迦のお弟子、羅漢様が18体も並んでいて、
一人ひとりかなり個性的です。


P8300694.jpg

頭長い!


P8300703.jpg

境内をぶらぶら歩いていると鐘の音。


P8300689.jpg

こちらの鐘を一人のお坊さんが鳴らすと、
お堂に次々にお坊さん達が集まってこられ、
読経の声が聞こえてきました。


P8300700.jpg

静かな境内、回廊に風が吹き抜けます。


P8300688.jpg

巨大な木魚。
この先に進むとお食事処があり、
普茶料理を食べることができます。


P8300708.jpg

こちらは当日予約でも食べられる普茶弁当(3150円)。
(一口食べてから、あっ、写真と慌てて撮ったのでご飯の一角が崩れてます)

ちゃんといんげん豆のごま和えも入ってます。
野菜と豆腐や生麩、湯葉などを材料に、
一つひとつ丁寧に作られていて、
とても美味でした。


お昼を頂いて駅に戻ると、
広島行きの新幹線の時間に間に合う頃合いだったので、
京都駅に戻りました。


駅に着くと雨が降り出しました。
予報ではモロ台風に向かって行くことになります。


実は今回、そもそも夫が広島に用があり、
私はそれに便乗した形で、最終目的地は広島。


けれど台風が来るのでは観光どころではないのでは、
と大いに不安を感じ、私はよほど京都から東京に帰ろうかと思いました。


しかし夫に「自分だけ安全な所に戻ろうとは薄情な奴だ」と言われ(笑)、
嵐でもいいやと覚悟を決め、広島に向けて京都を発ったのでした。


そして念が通じたのか、台風は九州手前で踏みとどまってくれて、
新幹線も、その後の在来線も、宮島に向かうフェリーも、
時間通り無事私達を神様の島、宮島に運んでくれたのでした。


P8300713_20130907152945de0.jpg

宮島篇に続きます・・・



15:35 遠出の散歩 | コメント(0) | トラックバック(0)

京都・広島の旅 2

2013/09/05


京都二日目、宿の周辺は散策に持ってこいのロケーション。
高台寺、清水寺、八坂神社などに近く、
お土産物屋さんがたくさん立ち並んでいます。

最近はおしゃれな和風小物のお店や美味しいスイーツのお店などが増えて、
ショッピングやお茶するのに便利で楽しいスポットです。


P8290654.jpg


日中は観光客でごった返すところですが、
朝はまだその姿もまばら。

P8290656_20130905101632e0e.jpg



ぶらぶら歩きながらタクシーを拾おうかと思って大通りに出たら、
ふと目についたお寺が大谷本廟。

P8300668.jpg

そう言えば、今まで何度か前は通っても入ったことがなかったね、
と立ち寄ってみました。


P8300670.jpg

親鸞聖人のお骨が納められている
由緒正しいお寺だそうです。
静かな境内に点在する建物のデザインはユニークで素敵。


P8300674.jpg

扉のデザインもおしゃれ。
ハート形が可愛いですね。


P8300677.jpg

台風15号が接近中ということで、
お天気が心配されたのですが、
青空が広がってきました。
ただし非常に蒸し暑かったです。


お昼前に広島に向けて発つ予定でしたが、
広島の天気は一日雨と聞き、
急きょ午後の新幹線に変更。


P8300678.jpg

宇治の平等院に行こうかと乗った電車の車中、
ふと閃いて、黄檗で途中下車しました。

ここは黄檗宗の総本山萬福寺があります。


P8300679.jpg

訪れたことがなかったので、
立ち寄ってみました。

次回に続きます…







10:52 遠出の散歩 | コメント(0) | トラックバック(0)

京都・広島の旅 1

2013/09/02
P8290637.jpg

先週の木金土と京都・広島を旅しました。

初日、正午過ぎに京都着。
京都在住の夫の知人がお昼に誘って下さったお店は、
生麩で有名な「半兵衛麩」。


P8290636.jpg

のれんをくぐると京都らしいたたずまい。


P8290648.jpg

昔ながらの町家の風情を生かしています。


P8290647.jpg

店の奥には坪庭。


P8290646.jpg

こちらは結構な広さがあるので、
坪庭と言うより、中庭ですね。


P8290638.jpg

お麩づくしのお料理の数々。


P8290639.jpg

生麩もっちもち♪
どれも異なるお味で飽きさせません。

P8290642.jpg



P8290644.jpg

一番気に入ったのは、こちら。
甘い白味噌仕立てのお汁の中に、
よもぎ麩が浮いていて、
かむとピリッと辛子の味がじゅわっーと広がります。
甘さと辛さの絡みが絶妙♪


P8290640.jpg

揚げたお麩はあられのような食感です。
見た目も楽しいですね。

(この他に湯葉豆腐も出ましたが、
写真撮り忘れました)


京都らしいお店に案内してもらい、
大満足のランチでした。


P8290651.jpg

食後は腹ごなしに少し歩き、
レトロなコーヒーショップで美味しいコーヒーを頂きました。


P8290650.jpg

フランソワ。
表から見るより中は広いです。
京都はいろんな意味で奥が深い、
としみじみ思います。



旅はまだ続きます・・・
17:56 遠出の散歩 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。