FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

京都・広島の旅 3

2013/09/07


前回からの続きです。
萬福寺は黄檗宗のお寺なので、
中国風と和風がミックスされたようなユニークなお寺です。


P8300704.jpg

この門なんか中華風ですよね。


開祖はこの方。
隠元禅師。

P8300697.jpg

いんげん豆を中国から日本に持ち込んだことで有名です。
他にも、孟宗竹やスイカ、レンコンなども持って来られたとか。


P8300680.jpg

お堂の中にはいろいろな方が祀られております。
この見るからに太っ腹な方は布袋様。
袋の中にはお宝がつまってるとか。


P8300698.jpg

釈迦のお弟子、羅漢様が18体も並んでいて、
一人ひとりかなり個性的です。


P8300694.jpg

頭長い!


P8300703.jpg

境内をぶらぶら歩いていると鐘の音。


P8300689.jpg

こちらの鐘を一人のお坊さんが鳴らすと、
お堂に次々にお坊さん達が集まってこられ、
読経の声が聞こえてきました。


P8300700.jpg

静かな境内、回廊に風が吹き抜けます。


P8300688.jpg

巨大な木魚。
この先に進むとお食事処があり、
普茶料理を食べることができます。


P8300708.jpg

こちらは当日予約でも食べられる普茶弁当(3150円)。
(一口食べてから、あっ、写真と慌てて撮ったのでご飯の一角が崩れてます)

ちゃんといんげん豆のごま和えも入ってます。
野菜と豆腐や生麩、湯葉などを材料に、
一つひとつ丁寧に作られていて、
とても美味でした。


お昼を頂いて駅に戻ると、
広島行きの新幹線の時間に間に合う頃合いだったので、
京都駅に戻りました。


駅に着くと雨が降り出しました。
予報ではモロ台風に向かって行くことになります。


実は今回、そもそも夫が広島に用があり、
私はそれに便乗した形で、最終目的地は広島。


けれど台風が来るのでは観光どころではないのでは、
と大いに不安を感じ、私はよほど京都から東京に帰ろうかと思いました。


しかし夫に「自分だけ安全な所に戻ろうとは薄情な奴だ」と言われ(笑)、
嵐でもいいやと覚悟を決め、広島に向けて京都を発ったのでした。


そして念が通じたのか、台風は九州手前で踏みとどまってくれて、
新幹線も、その後の在来線も、宮島に向かうフェリーも、
時間通り無事私達を神様の島、宮島に運んでくれたのでした。


P8300713_20130907152945de0.jpg

宮島篇に続きます・・・



スポンサーサイト
15:35 遠出の散歩 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。